キャッシュアイは全国キャッシング業者の口コミ比較ランキングを掲載しています。

MENU

キャッシング業者選びなら、当サイトにお任せください!

今日すぐにお金を借りたい!
来店不要でキャッシングできる業者は?
パートやアルバイトでもカードローンできるの?

などなど、これからキャッシングを検討している人にとって、それぞれ希望事項が異なると思います。当サイトでは、どんな属性のどんな希望を持っている人にも分かりやすいように、大手消費者金融から中小消費者金融、さらには銀行系まで、現存するキャッシング・カードローン会社を、全30項目以上で比較しています。
個々の希望ごとにベストな金融業者を紹介していますので、じっくり見ていってください。

初めてのキャッシングなら、このキャッシング業者で間違いありません

モビット

初めてキャッシングをするなら、モビットがオススメです。すでにいずれかの消費者金融で借り入れをしていて、新たにお金が必要になって借りたいという場合なら、話は別ですが、今回がはじめてなら大手や中小の消費者金融よりも金利が低い銀行系が良く、その中でも申込みから借入までをwebで完結できるシンプルさと、返済もコンビニATMが利用可能なので、いちばん使い勝手がいいと思います。初めてのキャッシングならモビットを選べば間違いありません。

プロミス

もし今回の借入が、給料日までのその場しのぎ的なもので、その後はとくにキャッシングする予定がないという場合なら、消費者金融のプロミスがオススメです。審査が甘いとは言いませんが、銀行系に比べて一般的に消費者金融の方が審査が通りやすいと言われていて、初めての借入の場合、30日間無利息のサービスがあります。今回だけ借りて、その後予定がないなら金利を払わないで借りることができるプロミスの初回利用限定の30日間無利息サービスを活用しない手はありません。

アコム

もし、何はともあれ急ぎでお金を借りたいという人なら、最短30分審査がウリのアコムの仮審査を受けてみてください。3秒で審査可能かを仮審査してくれるサービスがあり、もし仮審査が通過できれば、最短30分の最短融資というキャッチフレーズ通り、現状最速でお金を手にすることができる業者です。速さだけということでもなく、金利も18.0%で決して高いというほどでもなく、プロミス同様に30日間の無利息サービスがスタートしましたので、即日融資ならアコムがオススメです。

レイク

借入したい金額が5万未満なら、新生銀行カードローンという銀行系に生まれ変わったレイクがオススメです。5万未満の借入なら、レイクで借入した場合、180日間も無利息で借入可能です。半年も無利息でビジネス的に大丈夫なの?…ってちょっとコッチが心配になりますが、5万以上借りるなら特典はないのかというと、5万以上なら30日間の無利息がありますが、それなら他の業者の方がメリットがあるので、やはり5万以下でこそレイクの強みを感じられると思います。

ノーローン

すぐに返済可能なのに、今日明日ちょっとしたお金を用意しなくてはならない、というならノーローンがオススメです。ノーローンは、借り入れた金額を1週間以内に返済できれば、何度でも無利息で借入が可能な、他にはない魅力があります。給料日までの1週間が厳しい場合は、ノーローンからキャッシングすることで、毎回金利ゼロで借りることができます。このサービスはノーローン以外ありません。1週間以内に確実に返せる目途があるなら、ノーローンがベストということになります。

キャッシングまでの審査が早い消費者金融

急な出費をはじめ、お金を出来るだけ早く準備しなくてはならない状況になったとき、家族や知人から借りられれば、利息などの負担を考えた場合には本当はそれがいちばん理想的なのかも知れませんが、と言っても、家族はまだしも、知人にはお金の話は出来ないという人も多いかと思います。
そんな時に心強いのが、審査から融資までがスピーディーな消費者金融の存在ではないでしょうか。
大手の消費者金融をはじめ、中堅の賃金業者でも、審査においては最短30分での回答がほとんどになりつつありますので、申し込みを行ってから、審査の結果が出るまで1時間かからない場合も多く、スムーズに手続きを進められるように、どの業者もスピードを重視したサービスを展開しています。
審査の回答が早いということは、それだけ実際の融資までの時間も短縮される訳ですから、急な出費が控えている人や、出来るだけ早く一定のお金が必要になってしまった人でも、消費者金融への申込であれば、スピーディーに希望通りのキャッシングが出来る可能性が大いに期待できます。

キャッシングなら審査が早い大手消費者金融

今となってはほとんどの消費者金融で、申し込みをした当日に融資可能な、即日融資に対応しています。
パソコンからだけではなく、スマホやタブレット等から、24時間いつでもどこからでも申し込みが可能なので、あらかじめネットで申し込みを済ませてしまえば、自動審査に入り、審査結果もメール等でお知らせが届くので、審査通過の変身を受け取った後に、最寄りの自動契約機へ行って本契約するパターンでも、そのままネット上で契約までを完了させてしまって指定口座へ振り込みしてもらうパターンでも、最短で申込当日に融資を受けることが可能です。
振込融資のケースであれば、それこそネットから申し込みをして、自動契約機または店頭まで足を運ぶ必要もなく、それこそ来店不要で、自宅または勤務先からもスムーズにお金を借りることが出来る時代になったんですね。
とはいえ、この場合の融資は指定口座へ希望額を振り込んでもらう形での借入なので、当然、銀行の営業時間中に手続きを終えていないと当日中の借り入れは難しく、翌営業日の振込になります。
銀行の営業時間と言えば、15:00までのところが多いと思いますが、大手の消費者金融では、当日の振込融資可能時間を平日14:00までに設定しているところが多いので、ネットでの申し込みから融資までを完結させたい場合には、時間に余裕を持って申し込みを進めたいものです。
その場合に、お金を借りる際に提出しなくてはならない本人確認書類などはどうなるの?
という疑問を持つ人も居るかと思いますが、今は誰もがスマホを持っている時代なので、必要書類は、スマホのカメラ機能で撮影して送信するだけ、というとても手軽な提出方法になっているんですね。
一昔前のようなコンビニへ行ってコピーをして、そしてFAXまたは郵便で送ったりという手間もありませんので、必要書類の提出方法もとても便利になっています。

闇金融と呼ばれる賃金業者と、消費者金融とは何が違うのですか?

闇金融とは、賃金業を行うにあたって必要な届出等をしないで、本来定められている法定金利を無視して、利用者から法外な金利を詐取するような貸し付けをしている違法な業者です。
対して、消費者金融は必要な届出を行い、きちんと許可を受けて賃金業を営む、健全な賃金業者ですので、安心してお金を借りることができます。

銀行と消費者金融の審査の違い

ではお金を借りる先として、銀行と消費者金融とがありますが、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。
大きな違いとしては、消費者金融は審査の時間が短く、その分、利息が高めで、銀行は審査の時間が長く、その分、利息が低めという違いがあります。
消費者金融の審査の時間が短いというのは、言い換えれば審査が素早いということなのですが、あくまでも審査が素早いだけであって、審査が通過するかしないかは別問題です。
どれだけ早く審査結果が出たとしても、審査の結果がNGであれば、肝心のお金を借りることができません。
賃金業法が改定された現代では、年収の3分の1以上のお金を借りることはできないという総量規制という制度が取り入れられていますので、申し込みの段階で、希望している借入額が、自身の年収の3分の1を超えていないか確認して、不備等がない状態で申込することをオススメします。
借りたい金額が、年収の3分の1以上だからといって、年収を多く見積もって申請したり、他から借り入れしている額を少なく見積もったりして審査を依頼しても、信用情報機関を通して調べられるので、そのような虚偽の申請はマイナス評価にしかなりません。
消費者金融も銀行も、貸し付けがメインの業務なわけですから、言わば審査においてはプロ中のプロです。
申込者の実態は、もともと申込段階で記載する項目がなくても良いくらい、既にお見通しという訳です。

複数の申し込みは審査に不利

どうしてもお金を用意しなくてはならないという緊迫した状況の場合、万一1社申し込みをして審査NGとなっては取り返しのつかないことになるので、予め保険を掛ける意味で、複数の賃金業者に同時に申し込みをしてしまいがちですが、3社、4社に申込をすれば、どこか1社くらいは確実に借りられるだろうという考えは、キャッシングの場合、通用しません。
複数の申込は、キャッシングにおいては逆効果で、先ほども書いた通り、銀行も消費者金融も、どこに審査申込みしているかということ自体もすでに把握していますので、それだけ緊急を要している=返済能力が乏しいという判断になり、融資を見送るケースが増えてしまいます。

消費者金融に対するよくある質問

家族や会社に知られずにお金を借りることはできますか?

大手の消費者金融であれば、会社への在籍確認の電話連絡もなく、また契約書類やローンカードなどの郵送もないキャッシング形態を用意しているところもありますので、家族や会社に知られることなく融資を受けることは可能です。
モビットのWEB完結サービスなどが、その最たる例で在籍確認なし、郵送なしで融資を受けられるサービスです。
その他にも同様のサービスがありますが、その場合、融資の方法が指定口座への振込融資という形になります。
この場合、予め指定できる銀行口座を持っているということが前提になる場合がありますので、既に指定銀行の口座を持っていれば問題ありませんが、もしまだ指定銀行の口座を持っていない場合は、事前の口座開設が必要になります。
ちなみに、モビットのWEB完結を利用の場合は、三井住友銀行、または三菱東京UFJ銀行の口座が必要になります。

消費者金融へ審査申込した場合、必ず30分以内に審査結果が届きますか?

審査時間の表示は、あくまでも「最短」表記です。審査の内容によっては30分以上かかる場合もありますので、必ず30分以内に審査結果が届くということではありません。
とはいえ、融資までのスピードが売りの消費者金融では、審査に2日も3日も掛かることはまずありませんので、とくに急いでいる場合は、ネット上から申し込みを行い、審査通過の返信が届いたら、そのまま本契約に進み、振込融資を依頼するか、または、審査通過の返信が届いた時点で、最寄りの自動契約機で本契約を進める方法でも、素早く融資を受けることが可能になるでしょう。

明日にはお金が必要です。今夜申し込みをして今日中にお金を借りることは可能ですか?

(土曜日や日曜日でも大丈夫ですか?)

融資までが早いと評価の高い大手消費者金融のプロミスで考えた場合、9:00〜21:00の間であれば、曜日を問わずに自動審査の回答が得られますので、21:00前にネットから申し込みを行い、審査OKの返事が届いた時点で、最寄りのプロミスの自動契約機、または三井住友銀行のカードローン申込機まで行くことで、土曜日や日曜日でも当日融資の可能性があります。